メカとろぐ

メカトロ学生のレールから外れた人生記録

勉強や書評に超便利!本を開いたままにするFlipKlip(フリップクリップ)がおすすめ!

 f:id:taasan69:20170618110327p:plain

 

どうも!最近、本をよく読むようになってきたので、書評記事にも着手し始めようかと思っている達佳です。

 

今日は、僕が以前から探し求めていた、勉強や書評を書く時にめちゃくちゃ便利なアイテムを紹介したいと思います!

 

 

本の内容をタイピングしてデータ化したかった。

f:id:taasan69:20170618181444j:plain

 

僕は「レバレッジ・リーディング」という本を読んでからは、本の内容を記録するようになりました。

読んでて「いいな!」と思ったとこには線を引くような感じです。

 

そんで、読み終わったら、線を引いたところをPCでタイピングしていきます。

つまり、本のいいところ、いい文章をテキスト化してるわけです。 

 

そして、テキスト化したものをA4の紙でプリントアウト。

常にその紙を持って眺めることで、完全に自分のものにする作戦です。

 

www.tatsuyosi.net

 

ただ、この手法は実にいいのですが、

パソコンに本の内容をタイピングする作業が一苦労です(笑)

 

ずっと本を抑えとかないと、本が閉じちゃうし…

分厚い本だと、何か別のもので抑えないといけませんでした。

 

そんな時、本が開いた状態をキープしてくれるアイテムないかなぁと探し回ってたところ、「フリップクリップ ブックホルダー 」というめちゃくちゃ便利なアイテムを見つけてしまったのです。 

 

 

FlipKlip(フリップクリップ)とは?

f:id:taasan69:20170618174504j:plain

 

アメリカ製の本を開いたままにするアイテム

なんと、あの読書好きのメンタリストDaiGoさんも愛用しているらしいです!

 

通常時はこんな形状をしています↓

 

f:id:taasan69:20170618095812j:plain

 

両サイドの部分がこんなかんじで開きます↓

 

f:id:taasan69:20170618095819j:plain

 

マックスまで開くとこんな感じ↓

 

f:id:taasan69:20170618095815j:plain

 

 

FlipKlip(フリップクリップ)の使い方

f:id:taasan69:20170618100438j:plain

 

使い方はいたって簡単。

FlipKlip(フリップクリップ)を開いた状態にして、本の開いておきたいページに挟み込めばセット完了!

 

写真の本は、厚さが2.5cmぐらいある本ですが、どうでしょう?

かなりいい感じで、開きたいページをキープしてくれています。

 

f:id:taasan69:20170618100444j:plain

 

 

書評を書くのが超楽になった。

これで、よ〜やく、本の内容をパソコンでタイピングする作業が楽になりました!

FlipKlipで開いた本をPCの横に置けば、本を抑える必要もなし!

横目で文字を眺めながら、高速にタイピングができるというわけです。

 

f:id:taasan69:20170618170735j:plain

 

 

勉強の時にも大活躍!! 

そしてこのFlipKlip(フリップクリップ)!

大学の教科書や、参考書で勉強する時にも抜群の効力を発揮してくれます。

 

本を開きながら、本に載ってる例題を解く時なんかはもうほんとマジで便利です。

問題を解きながら、本を抑えておかなくいいのは実にストレスフリー。

ノートや、解答用紙だけに意識を集中できるので、作業効率も格段にアップしました。

 

f:id:taasan69:20170618101043j:plain

 

 

かなり厚めの参考書にも使える!

開いて両サイドから挟み込む。

形状と原理がシンプルな分、かなり汎用性の高い使い方ができます。

 

例えば、こんな分厚い参考書(厚さ約5.5cm)↓(大学の図書館でお借りしたヤツ)

 

f:id:taasan69:20170618172812j:plain

 

こういう本は、中間のページはページ数が均等に分かれるので、開きやすい部類の本です。

 

ただ、こういう本も最初らへんのページを開いておきたいときは、抑えとかないと閉じちゃいます。

 

f:id:taasan69:20170618172922j:plain

 

そこで、FlipKlip(フリップクリップ)を装着してみましょう!

 

f:id:taasan69:20170618183219j:plain

 

f:id:taasan69:20170618173251j:plain

 

はい。

こんな感じでかなり頑張ってくれてます笑

 

コンパクトで軽量ながらも、本体についてるバネが結構強力なバネなので、かなり強い力で本を押さえつけてくれます。

 

先はゴム状になってるので、紙を傷つける心配もありません。

それでいて、しっかり本を開いといてくれるので、ちょいと万能すぎるアイテムです。

 

地味に使えるキャリー機能

f:id:taasan69:20170618173652j:plain

 

読み終わった本をリュックとか突っ込んでおくと、本の隙間に書類やら別の本やらが挟まって、中の紙がクシャッと折れちゃう時がよくあるんですよね。

 

ただ、このFlipKlip(フリップクリップ)で本を挟んでおけばもう大丈夫!

本が開かないように、押さえつけてくれるので、カバンの中に本を適当に突っ込んだ時にも、本が開いて中身が折れちゃうなんてことも起こりません。

 

メリット・デメリット

メリット
  • とにかくコンパクトで軽い!(約20g)
  • 家以外の場所どこでも使える。
  • 作りがしっかりしてるから、結構厚い本でも固定できる。
  • 慣れれば、ページのめくりも可能
  • 仕組みが単純なので、使い方のレパートリーが多い

 

デメリット
  • ページめくりが慣れるまで少し手間がかかる。
  • 挟む力が強いから、指を挟むとちょっと痛い。
  • 少しお値段が高め

 

総合評価

f:id:taasan69:20170618174504j:plain

 

ということで、FlipKlip(フリップクリップ)の総合評価はこんな感じ!↓↓

 

【総合評価】

 利便性・・・  (4.0)

 汎用性・・・  (4.5)

 見た目・・・  (3.5)

 携帯性・・・  (5.0)

 価格・・・・  (2.5)

 

 

 

値段は少しキツめ判定したものの、この使い勝手の良さと万能さを考慮すれば、これだけの値打ちがあってもいいかもしれませんね(笑)

携帯性に関しては、軽いし場所も取らないしと申し分ありません!

 

「家でしか使わない!」って人は、もっと大きめのブックスタンドとかの方がページめくりもしやすくて便利かもしれませんが、「外でも勉強したりブログ書いたりするよ!」って人は、1つ持っていて損はないアイテムです。

 

個人的にもかなりオススメのアイテムなので、是非使ってみてね!!